☆ 西区入口 ☆

   国道146号線から

 車の横を、左に入ると、西武(箱根土地)の、

 大規模別荘地が、広がっています。


 戦前、雪が降ると、国道146号線の

 塩壺入り口から、西区入口まで長い坂を

 手作りの『ソリ』で遊びました。

 緩い傾斜ですが、広くて長く快適でした

 全く車は来ませんでした。

 1975年(昭和50年)7月撮影


写真をクリックすると次のページに行きます








            ☆ ガソリンスタンド ☆

   今も営業しています。

 西区入口にある、

 ガソリンスタンドです。

 道路との間に植え込みがある、

 のどかな時代でした。

 

 

 1975年(昭和50年)7月撮影


写真をクリックすると次のページに行きます








            ☆ ガソリンスタンド ☆

   拡大しました。

 スタンド部分を、

 拡大して、見やすくしました。

 1975年(昭和50年)7月撮影


写真をクリックすると次のページに行きます







 

 

 






 

 


            ☆ 千ヶ滝西区の別荘地1 ☆

   簡易的な建物

 西区公民館の資料によると、

 箱根土地で売り出した別荘は、

 夏だけ、避暑のために使う

 簡単な家が多かったようです。

 

 

 1949年(昭和24年)9月8日撮影


写真をクリックすると次のページに行きます








            ☆ 西区別荘2 ☆
   広々とした敷地

 一軒あたりの敷地が広くとってあり、

 家は、簡易的で、

 庭はあまり整備されていないようです。

 

 

 1949年(昭和24年)9月8日撮影


写真をクリックすると次のページに行きます








            ☆ 西区別荘合成 ☆

   つなぎ合わせた写真

 具合よく、2枚の写真を

 つなぎ合わせられました。

 背景は、雲に隠れてた、浅間山です。

 

 1949年(昭和24年)9月8日撮影


写真をクリックすると次のページに行きます








           ☆ かやぶき屋根の家 ☆

   個性的

 同級生の家です。

 他に、かやぶき屋根の別荘は、

 見あたりませんでした。  

 1949年(昭和24年)9月8日撮影


写真をクリックすると次のページに行きます







            ☆ 家が建っていない土地 ☆


   草木が茂っています

 戦後間もない頃は、

 別荘分譲地ですが、

 家が建っていない所が  多く見られました。

 

 

 1949年(昭和24年)7月15日撮影


写真をクリックすると次のページに行きます








            ☆ ヤマトリカブト ☆


   千ヶ滝東区別荘分譲地にて

 戦前(敗戦昭和20年前)に

 区画した所で、家が建っていない場所に

 ヤマトリカブトが咲いていました。

  近くに、草原を好む

 2年草のマツムシソウも咲いていました。

 

 1949年(昭和24年)9月28日撮影


写真をクリックすると次のページに行きます








            ☆ 長野県指定天然記念物 
昭和35年(1960)2月11日に指定☆

   ハナヒョウタンボク群落

 千ヶ滝西区入り口の近くです。

 環境省の絶滅危惧種のレッドリストで、近い将来に

 絶滅する危険性が高い絶滅危惧IB類に指定。

☆ 案内板 ☆  

 

 
 

 

 1977年(昭和52年)1月撮影
       写真をクリックすると次のページに行きます








            ☆ 大日向方面の 草原 ☆


   草原の草花

 千ヶ滝西区を浅間山に向かって

 どんどん昇って行くと、草原に出ました。

 ほとんど、人が来ない草原には、

 沢山の花が咲いていました。

 
 カラマツの森の手前は

 森を切って、薪を採った跡の草原です。

 

 1975年(昭和50年)8月13日撮影


写真をクリックすると次のページに行きます








            ☆ 草原の花 オミナエシ ☆

   草原の草花 1

 日がよく当たる草原に咲く

 オミナエシが咲いていました。

 丈夫な多年草ですが、

 樹木が茂って日陰になると、

 姿を消してしまいます。

 オミナエシが見られるのは、

 人の手が加わった草原が必要です。

 1975年(昭和50年)8月13日撮影


写真をクリックすると次のページに行きます








            ☆ 草原の花 コオニユリ ☆

   草原の草花 2

 コオニユリも、草原の花です。

 姿形がそっくりな、オニユリは

 小さな芋の様なむかごを付けています。

 コオニユリは、山地に生えていて、

 日本の原産の百合です。


 よく似ていますが

 オニユリは人里のみで見られ

 昔、中国から輸入されたと

 言われています。

 1975年(昭和50年)8月13日撮影


写真をクリックすると次のページに行きます








            ☆ 草原の花 カワラナデシコ☆

   草原の草花 3

 ピンクのかわいい花です。

 河原と名が付いていますが、

 日当たりのよい草原でも咲いています。

 秋の七草ですが、夏に咲き出します。

 

 1975年(昭和50年)8月13日撮影


写真をクリックすると次のページに行きます








            ☆ 植物遷移 ☆

   秋の1000メートル道路にて

 ススキの草原に、

 アカマツが侵入している状態です。

 まさに、

 草原から森へ移り変わる所で、

 遷移の教科書通りです。

 後ろに、浅間山が見えます。

 

 1975年(昭和50年)秋撮影


写真をクリックすると次のページに行きます








          ☆ 35年後の1000メートル道路にて ☆

   アカマツ林

 1000メートル道路で、松林の間から、

 浅間山が見える所がありました。

 浅間山の形から見て

 前の写真の近くだと思います。

 アカマツが大きく育っていました。

 2010年(平成22年)7月28日撮影


写真をクリックすると次のページに行きます