晶子のお庭は虫づくし

イナゴ・バッタの観察日記2

飼育方法バッタ類の飼育方法は弘前大学昆虫学教室の大平 誠さんにご指導頂きました。
ホームページはこちらです。環境昆虫学

ホーム サイトマップ バッタの仲間 観察1 トノサマバッタの観察3 4

2001年4月28日(土)
孵化したトノサマバッタの赤ちゃん30匹近いトノサマバッタ?が孵化していました。飼育ケースではなく水槽で飼っていたので蓋の隙間から生まれたイナゴの赤ちゃんが飛び出し壁に張り付いていました。体長は8ミリくらいです。中には卵の殻が足にひっかかって身動きが取れなくなっているものもいました。

イネ科の植物が好きなので庭に生えていたイネ科の雑草を入れてあげました。

 

 

 

 

トノサマバッタの赤ちゃんを見つけた時の絵晶子の観察日記
とのさまばったさんは、わたしがみつけました。さいしょみたときカかとおもってさわってみるといなごのあかちゃんでした。それは、だっそうしていたないごでした。

 

 

 

 

 

 

 

2001年4月29日(日)
トノサマバッタの赤ちゃんトノサマバッタ?の赤ちゃんをとりあえず小さなプラスチック容器に移して飼育しているのですが、おしっこの量が30匹近くいると大変です。容器があっという間に汚れていきます。なんとか考えなくてはいけないようです。昨日、足が卵の殻にひっかかって抜けなかったトノサマバッタさん今日の夕方針で卵の殻を外したのですがもう固まってしまっていて自分の足で立つことが出来ません。出来るだけの事はしてあげるつもりです。

 

 

 

 

 

 

2001年5月12日(土)
トノサマバッタ飼育ケースの隙間から逃げてしまったので殆どいなくなってしまいました。あまり成長した様子は見られません。

 

 

 

 

 

 

 

2001年5月19日(土)
いなご今度は間違いなくいなごの赤ちゃんの誕生です。4月末に孵化したのは多分去年同じ飼育ケースで飼っていたトノサマバッタだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

トノサマバッタ比べてみてるこちらがトノサマバッタたと思うのですがよくわかりません。現在は2匹だけになってしまいました。数日後最後の2匹も亡くなってしまいました。

 

 

 

 

 

2001年5月28日(月)
いなご19日に生まれたいなごの赤ちゃんですが、体の色が変わってきました。

 

 

 

 

 

 

いなごの脱皮殻いなごの脱皮です。以外ときれいに脱げるものなんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2001年6月10日(日)
いなご気がつくとまた飼育ケースの隙間から逃げたしているものがいます。亡くなってしまったバッタの赤ちゃんもいますがどうしても飼育ケースの蓋を開けた瞬間に出ていってしまうものが多く今一番の悩みの種です。現在は確認出来ているのは6匹だけになりました。なんとか頑張って成長して欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2001年6月13日(水)
バッタ昨日の昼間ちょっと変わったバッタの赤ちゃんが生まれてきました。去年この飼育ケースにはイナゴとトノサマバッタを飼育していた記憶はあるのですが、これはいったい誰でしょう。見覚えがありませんがでも生まれてきたので何かが混ざっていたんでしょうね。ちょっとヤンキーなお兄さんを思わせるバッタさんです。体長は5ミリでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

いなご体の色がまた変化してきました。少し茶色くなってきています。この撮影したイナゴは触覚も後ろ足も無くなっています。脱皮の時にでも取れてしまったのでしょうか。頑張って欲しいです。体長は1センチになっていました。

 

 

 

 

 

 

2001年6月17日(日)
イナゴイナゴの赤ちゃんもこの一匹だけになってしまいました。バッタ類の赤ちゃんの飼育は難しいです。体長は1センチです。

下のちょっと変わった模様のバッタの赤ちゃんも亡くなってしまいました。もう少しバッタについては勉強してみようと思います。せっかくこの世に誕生したのにうまく育ててあげることが出来なくてごめんね。

 

 

 

 

     もどる すすむ ほーむ