晶子のお庭は虫づくし

観察日記2001年7月-1

ホーム >サイトマップ >季節の観察日記一覧> 2000年7月観察日記

7-2 7-3 7-4 7-5 7-6 7-7 7-8 7-9 7-10 7-11 7-12 7-13 7-14

2001年7月1日(日)晴れ(我が家から数キロ西にいった公園で)
蛾山で見かけた蛾です。エダシャクの仲間でしょうか?我が家の貧弱な図鑑では、昆虫の見分けがなかなかつかず、苦労します。欲しい図鑑はたくさんあるのですが、高価だったり、絶版だったりと... そのうち余裕がでたら、神田の古書町でも歩いて、図鑑や自然科学系の本を買いあさってみたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

ガガンボ カガンボ
右が普通のガガンボです。左が超弩級の大きなガガンボです。羽を広げると煙草のケースの高さくらいありました。でも、この右に揚げた参考の写真では大きさの比較ができるわけがありませんね。(失礼)


シデムシの交尾オオヒラタシデムシが交尾していました。我が家にもたくさん住んでいて、庭の掃除やさんとして、ダンゴムシやミミズ同様大切にされて、悠々と暮らしています。

 

 

 

 

 

 

 

ハチの交尾ナツツバキの葉の上でハチが交尾していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハチとクモ山道でジガバチの仲間がクモを引きずってあるいていました。かなり重そうです。いったい何処まで運ぶつもりなのでしょうか。ジガバチは地中に巣を作り、狩をして捕まえた獲物を引きずり込んで、そこに産卵します。獲物は針で刺されて体がマヒしている状態で、死んでいるわけではありません。それをハチの幼虫は食べて育ちます。ちょっと怖いですね。

 

 

 

 

 

 

 

カメムシカメムシの仲間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメムシこれもカメムシです。カメムシは成虫で冬を越すものが多く。よく晩秋の頃に建物の中で冬を越そうと、戸の隙間などから入り込みます。それが人家だと、臭いで大騒ぎになることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

もどる  すすむ ほーむ