晶子のお庭は虫づくし

ヒメギフチョウの飼育方法

ホーム サイトマップ サイトマップ蝶

用意するもの
飼育ケースまたは大きめのタッパー、お菓子が入っていたような紙の箱、餌 ウスバサイシン、筆

飼育方法
大きめのタッパーか飼育ケースにティシュを敷きます。

ウスバサイシンの葉の茎をティシュか脱脂綿で包み水を含ませます。上からラッブでくるみその上からアルミ箔で覆います。

幼虫を移動する時は濡らした筆でそっと移動してあげてください。または新しい葉の上に古い葉を乗せて移動するのを待ってあげてください。

ウスバサイシンの葉はすぐにしなびやすいので我が家ではタッパーで飼育していましが、密閉されているとどうしても細菌やウィルスに感染しやすいので1日2回くらいは糞を取り除き新鮮な餌をあげてください。

終令になるとかなりの量を食べるのでウスバサイシンの葉は多めに採取してビニール袋などに入れて野菜室で保管するといいと思います。

蛹の期間がとても長い蝶なので、蛹になったて2,3日過ぎたら、紙の箱にティシュを敷きそこに移してください。時々霧吹きをしてあげてください。軽くひと噴きくらいで大丈夫です。

春になったら飼育ケースに移し羽化した時にはねをのばせるように飼育ケースの回りにティシュを下げておいてください。または枝をいてれ置いてあげてください。

羽化したあとは、元居た場所で放してあげてください。

 

 ほーむ