晶子のお庭は虫づくし

モモスズメの観察日記

ホーム  サイトマップ  ガの仲間

スズメガ科 ウモンモンスズメ亜科 モモスズメ
緑色型 中央部腹環節には各8条の横皺があり、黄白色または白で、最後の斜線が最も明瞭です。腹脚は赤褐色を帯びています。数は少ないですが、黄色型もみられます。黄色型は全体が鮮明な黄色で、側面は僅に橙色を帯び、頭部は白色を帯びています。
発生は年2回、蛹で越冬し、幼虫は6月から10月に見られます。

食草 モモ、ウメ、サクラ、スモモ、アンズ、ナシ、リンゴ、ニワウメ、ヤマブキ、マルメロ、ビワ、カイドウ、ワウミザクラ、などのバラ科など。他にはニシキギ、ツゲ、ハコネウギなども食べるようです。

2001年7月28日(土)
モモスズメ庭のナナカマドにウチスズメがいました。ナナカマドの木は去年植えたばかりの苗木でもう殆ど葉が無くなっていました。体長は4.5センチです。

 

 

 

 

 

 

7月31日(火)
モモスズメ飼育ケースの中は落着かないのかナナカマドの葉を入れても食べてくれません。ずっと飼育ケースのフタニにぶらざかっています。体長は4.7センチです。

 

 

 

 

 

 

8月2(木)
飼育ケースに土を入れたら少し落着いたらしくようやくナナカマドの葉を食べ始めました。今まで食べていた我が家のナナカマドの葉しか食べようとはせず、他の木のナナカマドの葉は食べようとしません。以外と神経質なのかもしれませんね。

8月4日(土)
モモスズメ昨日からようやく他の木のナナカマドの葉を食べてくれるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

8月8日(水)
モモスズメ体長は5センチです。そろそろ蛹になる日が近いのでしょうか。かなり食べる量が多くなってきました。

 

 

 

 

 

8月10日(金)
モモスズメ体長は5.5センチです。

 

 

 

 

 

 

8月12日(日)
食べなくなくなり、土に潜っていきました。蛹になるようです。

残念ながら寄生されていたようで、羽化することはありませんでした。

もどる   ほーむ