前書き TOPへ MENUへ



 昔の事を考えると頭が痛くなるのですが、ここではその話はしないことにして、MSXの話のみいたします。

 MSXとは、Microsoft X の略です。
マイクロソフトが1983年に提唱したPCの統一規格で、日本ではアスキーが中心となってこの企画を推進していました。
といっても、アスキーという会社はPCそのものは発売していなかったと思いますが。

MSXという企画は、MSX→MSX2→MSX2+→MSX turbo R(MSX2+ turbo R だったような気もしますが…) と発展していきました。
最終的にはTMレボリューションばりの改名をしてくれました。
まぁ、色々とユーザーをもてあそんでくれましたね。(笑)
そんなに速い速度で発展されても困ります。
WINDOWSのバージョンが変わるのとは次元が違いますし。
バージョンがかわるたびにPCその物を買い足し、買い替えしていたとしたら、大人でさえきつかったと思われます。

 一応PCであるにも関わらず、実用的なソフトは殆どありませんでした。
家計簿や、住所録などをプログラムで作成しようと思えば出来たようですが、MSXは漢字を表示できないので、使い勝手は悪かったであろうと思われます。
実質的にはゲーム専用機になっていました。

 私も例外なくMSXをゲーム専用機のように使っていました。
(四角形はプログラムできましたが、なんの役にも立ちません…。)
実質ゲーム専用機なのにファミコンより性能が悪く、値段はファミコンより高いというなんか始末が悪いと言えば悪い機械だったような気がします。
MSX2ではファミコンの性能を大幅に越えましたが。

 …まぁ何れにしても、今となっては良い思いでです。
ということで、私のMSXの周辺機器&ソフトライブラリーをここでは紹介いたします。

02-10-4 魔城伝説の裏技が使えないのでおかしいと思い、MSX BASICの画面で色々なキーを押してみたところ、…キーボードからの操作が反応しませんでした。
何時の間にか、キーボードが故障していたようです…。

ジョイスティックの操作は行えるようですが。

MSXの周辺機器&ソフトライブラリー

※ゲームの画像を載せようと思ったのですが、説明書を良く見たらKONAMIのゲームは権利関係が細かく書いてあったので、辞めました。
ハードは画像があります。

周辺機器 or ソフト (所有) メーカー
PV−7(PC本体) CASIO
FA−32(データレコーダーとの接続に使うコード) CASIO
joy card HUDSON
BEE CARD HUDSON
JOY BALL HAL研究所
GUN SHOT C&L
HYPERSHOT KONAMI
イー・アル・カンフー KONAMI
イーガー皇帝の逆襲 KONAMI
グラディウス KONAMI
コナミのボクシング KONAMI
ツインビー KONAMI
ハイパーオリンピック 2 KONAMI
ハイパースポーツ 3 KONAMI
マジカルツリー KONAMI
魔城伝説 Knightmare KONAMI
モピレンジャー KONAMI
ターボート アスキー
BEE FLOWER RAISON
Lode Runner SONY
スターソルジャー HUDSON
熱闘甲子園 CASIO
大障害競馬 CASIO
ヴォルガード dbソフト(CASIO販売版)
ゼクサス dbソフト(CASIO販売版)
パチンコUFO CASIO
ハイドライド3 T&Eソフト